カードローンとクレジットカードでのキャッシングとの違い

カードローンとは無担保で借入でき分割で返済でき、用途を限定することなく自由に利用できるローンのことをいいます。このようなサービスを利用する際に専用のカードを使って借入や返済をすることから、カードローンと呼ばれるようになりました。

クレジットカードのキャッシングと非常に似ているサービスなのですが、若干違いもあります。それはキャッシングの返済方法にあります。クレジットカードでのキャッシングでは基本的には一括で返済するようになっていますが、カードローンの場合ですと希望の返済方法を選べるようになっています。ただしクレジットカードでのキャッシングでも、利用後に返済方法をリボ払いなどに変更することはできますので、さほど差異はありません。

ではクレジットカードを持っていればカードローンが全く必要ないかというとそうでもありません。それは利用限度額にあり、カードローンのほうが多く設定される場合が多いです。というのもクレジットカードでのキャッシングはあくまでショッピング枠の一部という位置づけになるため限度額は低く設定されるのに対し、カードローンでは金融庁の取り決めにより年収の1/3以上になることはないですが、その範囲内で高額の融資も可能になっています。

ただしカードローンを利用する場合にはクレジットカードの有無に関わらず新たに審査が必要になりますので、利用したい額や目的に合わせて使い分けるのが最適になってきます。