他社借り入れ件数や残高は審査時に分かります!過小申告で審査落ちも!

銀行や消費者金融のキャッシングは、スコアリングによる信用度の判定、個人信用情報の取引履歴や事故情報、そして収入により審査が行われます。審査の通過率を上げようとして、年収を過大に申告して審査落ちということもあります。そして、他社借り入れ件数や残高を少なく申告する事も同様に審査落ちの原因になります。

個人信用情報には、金融商品の契約内容や残高といった情報が登録されており、少ない金額で申し込みしても審査時に必ずバレます。

また、貸金業者からの借り入れがある場合、総量規制に引っ掛からないかどうかもチェックされるため、自分で超えていない考えていても、超えていることもあり得ます。もし、借り入れ件数や残高に不安があり、全ての契約先に問い合わせするのが手間という際は、個人信用情報を開示してみるのがおすすめです。